Rug Mat

ラグでベッドルームのお部屋作り

ラグはお部屋全体の面積をかなり締めるものになりますので、色やデザイン、素材などは慎重に選ぶと思います。お部屋のインテリアを司るのはやはりラグだと感じます。最近では、丸型のラグも流行りですし、北欧ブームにのり、北欧柄も人気です。ラグを選ぶ1番のオシャレに見える方法は、ソファーと色味を揃える事が大切です。ストライプや、チェック柄などでもソファーの色が一点入っているだけで、馴染みやすくなり、お部屋の統一感が生まれ、オシャレに見えます。
ベッドルームなど、ソファーが置けるほど広くないようなお部屋の場合でもラグは活躍します。少し毛足が長いラグをベッドの横に敷くだけで、ラグに寝そべり本を読んだり、テレビを見たりとリラックスするスペースがすぐに出来上がります。それに、ベッドルームが一気にオシャレに見えてしまいます。
冬場はベッドから出た時に床にふわふわのラグがあるだけで、足元が快適になります。フローリングは冷たい印象があるので、是非オススメです。
お子様がいるご家庭では、ラグに食べこぼしをされたら嫌だからオシャレを断念してラグを敷かない方もいますが、最近は家庭で洗えるラグも沢山出ていますし、気兼ねなく洗濯できるのも清潔に保てて良いですね。

注目記事

  • ラグのお手入れの方法

    毎日ラグは掃除機をかけて掃除をするのが当たり前ですが、髪の毛や小さなゴミやホコリ、ダニをきれいに取ることは出来ません。ラグに飲み物や食べ物などを落として直ぐに拭けばいいのですが、そのままの状態で…

    もっと詳しく

  • ラグでベッドルームのお部屋作り

    ラグはお部屋全体の面積をかなり締めるものになりますので、色やデザイン、素材などは慎重に選ぶと思います。お部屋のインテリアを司るのはやはりラグだと感じます。最近では、丸型のラグも流行りですし、北欧…

    もっと詳しく

  • おしゃれなお部屋作りは是非ラグ選びから

    みなさんはどの様にラグを選ぶのでしょうか。我が家には様々なラグがあります。そのどれもがこだわって選んだものばかりで、褒められることも多いです。ラグは、何気なくお店で見て気に入ったものを選ぶだけで…

    もっと詳しく

  • 我が家は大きいサイズのラグが沢山!

    皆さんのご自宅の床のどれくらいの面積にラグを敷かれていますか?リビング、ダイニング、ベッドルームなど様々な場所に敷くラグ…我が家はそのどれもを大き目のサイズで選んでいます。その1番理由は、我が家…

    もっと詳しく